ホーム > (日)玩樂主題 > 遊園地、牧場の旅 > 阿里磅生態レジャー牧場
選單標題圖
お勧めコース
印刷     フォント : S M L   シェア Facebook Plurk Twitter Weibo Share on Google+

 

 阿里磅生態レジャー牧場日帰りコース

圖文照片

東北海岸は綺麗な海岸として有名ですが、老梅石槽は海岸溝全体に海藻が付着して、一本また一本の「緑石槽」を形成し、海岸全体を鮮やかな緑に染めます。もし写真を見たことがあれば、自らここへ来て、この美しい風景に驚嘆するでしょう。阿里磅生態牧場ではきちんと自然生態を守ります。

圖文照片


圖文照片
麟山鼻遊憩区

角のある『風稜石』は、鱗山鼻の歩道上、代表的な地形景観です。岩石節理が発達した安山岩は、波が長年かけて少しずつ侵蝕し、一年中絶えず風が砂粒を運んで拭きつけ、だんだんと平坦な風蝕面が形成され、風向きによって違った角度に彫刻され、とがった角を持ち、このため『風稜石』と呼ばれます。足を止めて、これらの巨大で、奇妙な形の風稜石を観賞する時、まるで風と石の対話を聞くようです。自然の力の、始終変わることのない深さと堅持に驚かされます。

住所:新北市石門区麟山鼻

圖文照片
圖文照片
富貴角灯台

もともとの名前は富基角灯台と言い、日本統治時代に日本人によって建設されました。最初塔を立てた目的は、日本と台湾の間の海底電力ケーブルを引くのに便利なように、でした。日本統治時期に建設された最初の灯台で、今までに100年を超える歴史があります。当時、塔身を八角形鉄造の外観に設計し、高度は約30メートルあり、塔自身は黒白平行の縞が塗られ、現在見られるものととてもよく似ていました、民国51年時に改築されて、八角形コンクリート塔になりました。 今まで百年が過ぎましたが、岬に直立する富貴角灯台は、相変わらず静かに、忠実に任務を執行しています。しかし、すでに北海岸の重要かつ特別な目印になりました。歩道の改修と開通に伴い、さらに多くの人がこの最北端の灯台に近づけるようになりました。中に入って見学はできませんが、その外観からだけで、海岸風景を観賞でき、この灯台の悠久の歴史と深遠な時代の意義を感じることができます。

住所:新北市石門区富貴角灯台

老梅石槽

またの名を緑石槽海岸と言います。なぜならたくさんの海藻が石槽に付着して、見渡す限り一面の緑であることから、この名がつきました。台湾全体でも珍しい特殊景観で、多くの撮影愛好家、旅行者がここへ来て足を止めて観賞します。一番美しい光景は通常3月中旬から5月上旬に出現します。特に4月清明期間は一番美しく、海岸溝全体に海藻が付着して、一本また一本の「緑石槽」を形成し、海岸全体を鮮やかな緑に染めます。もし写真を見たことがあれば、自らここへ来て、この美しい風景に驚嘆するでしょう。自然生態を守る。

住所:新北市石門区富基里老梅

圖文照片
圖文照片

圖文照片
阿里磅生態レジャー牧場

阿里磅生態レジャー牧場は石門にあり、自然生態を守るとして牧場です。

住所:新北市石門区阿里磅路84号

 

TOP