ホーム > (日)玩樂主題 > 鉄道の旅 > 平渓鉄道の旅
選單標題圖
コース1
コース2
印刷     フォント : S M L   シェア Facebook Plurk Twitter Weibo Share on Google+
平渓鉄道日帰りコース

圖文照片

台湾の三つローカル線しか残りません、ローカル支線平渓線はこの中ののひとつです。レトロな雰囲気が溢れて、人にリラックスさせます。復古な店、台湾伝統なおやつの紅龜麵店や平溪ではランドン活動は絶対見逃せなくていけないです。天灯をはランタン祭りだけではなく、普段の日でも楽しめます。

圖文照片


菁桐駅

80年以上の歴史を持つ古い駅で、新北市の古跡に指定されています。台湾では現存している日本式木造駅の一つでもあり、保存状態はすこぶる良好ですので鉄道不フアンに記念写真に人気ストップになります。

住所:新北市平渓区菁桐里菁桐街52号

圖文照片
圖文照片 
菁桐鉄道文物館

鉄道文物をお揃いて、かつて駅で使用したランプ、チケットなどが懐かしい雰囲気が浮きあがれます。

TEL:02-2495-1258
住所:新北市平渓区菁桐里菁桐街54号

菁桐鉱業生活館

菁桐駅脇にある「菁桐鉱業生活館」は、鉄道局旧宿舍建築を利用して、石炭産業を保存する文化館になり、地方芸術文化の活動場所として、観光資源を融合し、外から来た観光客が本館を通して、当地の歴史文物と郷土人情を理解できます。その他、地方住民は長い間、郷土を愛し、石炭産業、平渓鉄道等の研究に努力し、平渓石炭電車復古会、台湾石炭歴史作業室などなど文化歴史団体とコミュニティ発展協会があります。彼らはかつて鉄道文化研修、鉱業を知る、地質景観研修等活動を開催して、積極的に郷土文化を普及させました。菁桐鉱業生活館の成立によって、これらの地方団体の長年の成果資料を収蔵、展示する場所が生まれ、 将来さらに対象を拡大して、天燈の習慣、基隆河上流の生態景観、滝壺の特殊地質、および伝統的な染料工業を融合して、地方の特色をはっきりと見せ、平渓支線鉄道の便利なアクセスを利用して、地方文化と観光産業の発展に役立てます。

TEL:02-2495-2749
住所:新北市平渓区菁桐里菁桐街111~117号

圖文照片
圖文照片
平渓老街

とても風情があるこの駅は、1929年10月1日に、石底駅として開業しました.道の両脇は一戸建ての建物と歴史がある店で、のんびりした気分に満ちています.此方もカップラーメンのロケ地です。

住所:新北市平渓区平渓老街

眼鏡滝

滝の下にある大きな窪み、空洞があるから、遠くから見れば、メガネのようの見えますので、珍しいです.吊橋かれメガネ滝の全貌が眺めます。

住所:新北市平渓区眼鏡洞

圖文照片
圖文照片
大華壺穴

大華壺穴は基隆河の上流に位置し、平渓線の大華駅と三貂嶺駅の間にあります。壺穴は渓流の流れによって、川底にある硬さの違う岩石層が浸食されてできた穴です。丸い壺穴の大小の列が河床にできているのは、渓流の流れで運ばれた小石が河床の穴に入り、その流れが小石を回転させ、長い歳月を経てできたものです。  ほとんどの壺穴は円形ですが、ほかにも奇怪な形をした壺穴があります。大華壺穴群は一番密集して壮観であり、保存価値が認められ自然景色保護区に選定されました。大華壺穴を堪能しながら自然界の奥深さを楽しみ、台湾のあちらこちらにある美しい景色、ちょっと変わった景色を見ることができるでしょう。

住所:新北市平渓区壺穴


TOP