ホーム > (日)玩樂主題 > ドラマ巡りの旅 > 青春の流れ
選單標題圖
お勧めコース
印刷     フォント : S M L   シェア Facebook Plurk Twitter Weibo Share on Google+

青春の流れを漫歩日帰りコース

圖文照片

台北は良くてロマンチークなところがないと思いますか?平溪と菁桐駅を立ち寄ってみてください。平溪、石底橋、十分滝を眺め、愛人と一緒軌道を漫歩して、まるで「那些年,我們一起追的女孩」の光景を戻るような感じられます。
圖文照片



圖文照片
平渓老街(君雅大道)

平渓老街は新しく「君雅大道」の別名がつけられました。張君雅ちゃん、ラーメンができたよ!」有名なこのCMキャッチコピー、家に駆けもどりラーメンを食べる少女。それに映画「那些年,我們一起追的女孩」も此方ロケしました。

住所:新北市平渓区平溪老街

圖文照片 
圖文照片
平渓石底橋

平渓石底橋は<那些年,我們一起追的女孩>で男主役は女主役を告白のところです。柯景騰は老街の石底橋上で、天灯の向こうの沈佳宜に大声で愛を告白する。列車で平渓を訪れ、劇中のさまざまなシーンに思いを馳せる。

住所:新北市平渓区

菁桐駅

菁桐は平渓鉄道の終着駅。八十年余りの歴史を有する菁桐駅は、台湾に現存する数少ない木造駅の一つ。日本式建築に苔むした屋根が掛かり、レトロな風情をかもしており、「台湾百大歴史スポット」に選ばれている。<那些年,我們一起追的女孩>で男主役と女主役は鉄路沿い話すスクリーンがあります。

住所:新北市平渓区菁桐里菁桐街52号

圖文照片
圖文照片
台陽鉱業会社平渓招待所

日本統治時代に石底クラブと呼ばれる平渓招待所は新北市で完全に保存された鉱業文化資産の一つです。敷地は600坪、家屋は202軒もあり、西洋と和風を折衷した木造りの建築です。杉と台湾ヒノキは主要の材料として建築し、室内内装は材質であれ、細緻を極めた工芸技術であれ、かなり芸術価値がああり、室内空間には上客部屋、単身寮、遊楽室、食堂、銭湯などもあり、幽雅的な和式庭園は台湾の形と設計された池が真ん中にあります。 新北市文化局は新たに修繕してから、101年7月5日以後に大衆に開放参観になります。

TEL:02-2495-1822
住所:新北市平渓区菁桐街167号



TOP